Frank la Riviere Architects Portfolio Blog

「本物のグローバルって!?」

With ICS College of arts we did a 50 min lesson on design and with the overall theme “Global or know your country”. The students had to explain to me with visuals and in English what they thought is the best design in Japan. All the time I had to do as if I do not understand Japanese! They came up with some pretty good examples. In all a great experience.

「本物のグローバルって!?」

千葉県立市川工業高等学校インテリア科2年生のみなさんに、授業を行ってきました。今回のテーマは「グローバル」!私のほか、細川先生、李さんによる英語の授業。高校生の皆さんには「ニッポンイチのデザイン」を各グループで選んでもらい、それを英語でプレゼンテーションしてもらっています。この授業を通してICSの講師陣が伝えたかったこと、それは!? 答えはブログの最後に締めくくりに書いてあります。是非ご覧ください。
「本物のグローバルとは、○○○○○○○○○○○○○○○○○○」。

▼ICSカレッジオブアーツブログの記事はコチラ

http://www.ics.ac.jp/blog_ics/2014/02/post_117.html

Minimum standards for space, energy, security and natural light in UK

Interesting to learn about the state of housing in UK, but also lessons to be learned by other countries. Japan is well-known for its small houses and apartments often with windows looking out onto blank neighbouring walls. Many offices are artificially lit. The good news is that creating better places and spaces for humans also safes on energy use! Here what the UK government is doing;

The Government are in the process of doing something about it

The Government launched a consultation to help it make crucial decisions about the future of our homes including minimum standards for space, energy, security and natural light.

Megaphone

Here are the statistics

http://www.withoutspaceandlight.com/

Hirokazu Suemitsu + Yoko Suemitsu / SUEP. Exhibition

Architecture & Energy Japan Berkeley Workshop と一緒に参加した末光さんの展示です。見に行きました。とてもよかったです。環境的に仏に見えないところから発生した建築の視点から新しい建築を生まれそうと思われます。
この展示はおすすめです!

9月27日より南青山のプリズミックギャラリーで始まった

「末光弘和+末光陽子/SUEP.展 - 自然循環系の一部としての建築」に行ってきました。

私たちがこれまで手がけて来た環境をテーマにした作品を通して、風・水・熱など、目に見えない自然環境を可視化しながら、自然循環系と建築の関係を表現し、環境の時代の新しい建築のあり方を示唆しています。 展示では、環境シュミレーションによって可視化された表面温度や風の流れ等を模型やパネルにより建物と一緒に表現し、新しい形の模型や図面を展示しています